青葉ゆうきの雑記

投資、バスケ、アニメ、ゲーム、その他についての雑記

【感想】「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2019 B.LIVE in TOKYO」に行ってきました

おつかれさまです

 

大盛り上がりで幕を閉じたBリーグオールスターゲーム2019 in TOYAMA

このオールスターを最新の技術による演出を使った次世代型ライブビューイング「B.LIVE in TOKYO」に行ってきました

www.bleague.jp

1年前は恵比寿で、今年は品川であった本イベント

私は昨年は行っていないため、今回が初参加でしたが、そのレポートをしたいと思います

 

イベント概要

日時:2019年1月19日(土)
開場17:00 開演18:00 試合開始19:10

会場:品川ステラボール

チケット:スタンディング 4,000円(税込)

次世代ライブビューイングとは? という方はこちらをご確認ください


<B.LEAGUE×富士通>「B.LIVE in TOKYO」

 

イベント当日の流れ

私は開場直後の17時過ぎに入場しました

スタッフの人がかなり多く気合が入っている印象

開演は18時からでしたが、メインディスプレイには昨年のオールスターやダンクコンテストの様子が流れており

お客さんは飲み物を飲んだり(飲食ブースがありました)、最前列でスタンバイしたりとまばらに楽しんでおりました

 

18時の開演からは音と映像による演出からはじまり

田中大貴アナウンサー、折茂選手、太田選手、小林選手、アルバルクチアリーダーが登場し、トークショー

MVPの賞金の使い道やオールスター時は実は二日酔いだった!?などここでしか聞けないトークで盛り上がりました

19時ごろには会場もお客さんで埋まり、現地の映像と繋がり、オールスター本戦をみんなで観戦

途中でB.LIVEとの連動企画や、ハーフタイム時は折茂選手とロッカールームとの中継もありました(後述します)

試合も無事終了し、最後はライブビューイング会場も締めの挨拶の後、その場のみんなで記念撮影もしてお開きとなりました

良かった点

8Kディスプレイによる圧巻の映像

これが一番でした

横長のディスプレイと左右のサブディスプレイによって選手の動きを見逃すことが少なかったです

特に横長ディスプレイを区切ってリアルタイムの映像とリプレイを同時に出すやり方は素晴らしかった(テレビ中継ではリプレイ映像中にいいプレイが出て見逃すことがよくありますよね)

 ブレてますが、左側が直前のリプレイ、右がリアルタイムの映像です

リアルタイムで選手を応援

「WAVY proto.」というサービスによってリアルタイムでメッセージを送れる施策

お客さんもスマホ片手に思い思いのメッセージを投げてました

ゲストの折茂選手なども試してましたが、メッセージの流れが早すぎて送ったメッセージが一瞬で流れてしまうほど(笑)

第2Qには現地のディスプレイでも流れていたようで、ところどころ現地MCの人がメッセージを拾っていたようです

少し残念だったのは関係ないコメントやあまり気持ちよくないコメントが流れていたので、メッセージのフィルタリングがもう少し効いていると良かったです
(ここはリアルタイム性との天秤ですが)

ハーフタイムの折茂選手とロッカールームの中継

これはおそらくテレビでも中継されていないB.LIVEならではのコンテンツ

MVP候補の馬場選手や大塚選手の話を聞いたり、盛り上げ上手の川村選手や同じチームの桜井選手をいじったりと選手の普段は見れない顔が見れた時間でした

桜井選手はユニフォームのタグを付けたままで前半出場していたようで、タグを切った後半は無事活躍し、折茂選手も一安心してました(笑)

気になった点、改善してほしい点

360度サラウンド音響

映像、光の演出とともに次世代ライブビューイングの押しにしていた360度サラウンド音響

確かに現地の声援も聞こえましたし、音質もかなり良かったと思います

その中で気になったのは2点

  • 現地MCの音声が右後から聞こえてきて、サラウンドの中心がよく分からない状態でした。現地MCが前方や後方で、両ベンチが左右のバランスだと良かったのでは?
  • 良いプレーがあったときの歓声SEが不要だったかと。人工的な歓声が時折入りうまく気持ちが乗れませんでした

選手入場時のカメラスイッチング

これはスタッフ反省会になっているかもしれませんが、最悪でした。。

選手が控えているところを映していて、登場するステージを映していなかったため、MCが選手紹介をするときにはすでに選手は映像に映っていない状態でした

(篠山選手の鱒寿司を食べるパフォーマンスも帰宅後に改めて確認しました)

スターティング5の最後の数人のところでようやく映像がステージを映すものに変わりましたが、オールスターの見せ場の1つであり気持ちが高まる選手登場シーンなので、本当にもったいなかったです

 

 最後に

良かったところも改善してほしいところもありましたが

トークの中で折茂選手もおっしゃるように数年前にはこのような次世代ライブビューイングは考えられませんでした

現地観戦とはまた異なる楽しみ方ができる可能性を秘めているので

次回以降もこういった取り組みは続けられて、バスケ好きの人たちとその場限りの観戦を楽しめると良いなと思いました

 

参考リンク

basketballking.jp

www.basketball-zine.com